何故韓国が「整形大国」なのか

なぜ韓国が「整形大国」なのか

韓国人衣装

韓国の「整形大国」というイメージはすでに海外でも認知されています。
芸能人は整形していることを公言していますし、それによるイメージダウンはあまり考えない様子。

 

過去には男性の大統領まで整形をしていたそうですから、美容整形に対する
ハードルの低さは日本人が想像する異常なのかもしれません。

 

また韓国は美容整形だけでなく美容商品も新しい商品が次々に開発されています。
中にはカタツムリのエキスを使ったクリームやオールインワンジェルもあるんだとか?
美しさのためならどんな成分も研究するという執念のようなものを感じますね(笑)

以外に少ない?韓国の整形手術件数

しかし、韓国の整形手術の件数は決して多くはありません。
2011年の整形手術件数は約65万件。件数でいえば、日本の方が多いのです。

 

しかしこの数字は韓国の人口1000人あたり13.1件の整形手術が行なわれた計算に。
人口比でいえば、韓国は世界一。
100人に1人以上の割合で整形をしているということになります。

 

韓国では、容姿が悪いと進学や就職に不利だと考える傾向が強く、
親が子供に整形を勧めることもあるようです。
これが、韓国人は整形することに対するハードルが低い理由だと考えられます。

 

日本でも、子供の進学や就職を心配する親は多いと思いますし、
子供より親の方が頑張る、なんて言う話も聞きます。
子供の将来を左右しますからね。

 

そんな親に、整形しなさい、と言われたら、
ましてや整形に対するマイナスイメージがなかったら、私だってすんなり整形すると思います。

 

日本は、人相が変わるような整形をする場合親に内緒で、
周りに内緒で、行なう人が多いのではないかと思います。

 

日本にくらべると、韓国をはじめとする美容整形先進国では
堂々と整形をする傾向が強いのかもしれません。

 

韓国の整形失敗例は日本でも過去話題になりました。
何度も整形を繰り返し、その影響で醜い顔になってしまったら、元も子もありません。
整形大国であるが故の悲劇もあるということです。

 

きちんと医師の言うことを聞いていれば、このような悲劇を避けることはできます。
技術のある医師を選ぶこと、きちんと話を聞くことも、
整形をする心構えとして重要なのかもしれません。