「美しさ」に対する感覚の違い

「美しさ」に対する感覚の違い

国や文化によって、また、人それぞれ「美しい」の基準は違います。
より太った女性が美しい、禿げている男性はセクシーだ、
日本ではあまり言われないことですが、これがポピュラーな国もあるのです。

 

ここでは、メイクから見る美意識の違いについて考えようと思います。
比べるのは、日本と韓国。

 

日本人のメイクの技術は世界でもトップクラスだと思います。
元々のっぺりした日本人顔を、西洋風に近づけようとする中で、
今の日本のメイクができあがってきたのではないかと思います。

 

目を大きく見せる、顔をシャープに、、、
メイクをする前と後では、まったく別人!という人もいますよね。
大人の女性は、お化粧をするのがマナーだという考えもあるくらいですから、
日本人女性のメイクに対する意識は高いと思います。

 

一方韓国では、ナチュラルビューティーが好まれる傾向があるようです。
お肌の綺麗さ、元々の顔の端正さが大切というわけです。

 

そのため、いかにもお化粧しました、というメイクよりは、
素顔っぽいナチュラルメイクが好まれるようです。
韓国の芸能人にも、ガッツリメイクのイメージはありません。
もちろんメイクはしているのですが、色味の少ないメイクが主流なようです。

 

メイクの仕方次第で雰囲気はどのようにだって変わります。
日本と韓国では、求める雰囲気が違うのです。